>>>ネットがあればいつでもどこでも利用可能!ベラジョンカジノを利用するならこちら!

まず、オンラインカジノはルーレットからスタート!ルーレットと言うよりもベット法だから、いろいろなオンラインカジノに有効的な方法です。

それは、 マーチンゲールです。

ルーレットの赤、黒、更にブラックジャックと言った、 2分の1の確率のゲームに有効的方法です。

簡単にお話しをすれば、最初の掛け金を2ドルとします。

その勝負に勝つことが出来れば、次に賭けるのも2ドルです。

勝ち続けた場合は、常に、最初の掛け金を同じ額を賭け続けていきます。

次は負けた時ですが・・・。

負けた時に、最初に賭けたお金の二倍の額を賭けます。

つまりここでは4ドルです。

また負けてしまった場合には、4ドルに対して、倍額の8ドルです。

マーチンゲールは有効的な方法です。

実際に勝っても、 リターンは小さいかもしれませんが、 負けた時に次の勝ちを待てば、必ずプラスを期待出来てしまう方法なのです。

オンラインカジノでは、ベット制限もある場合はありますが、もしベット制限がない場合、掛け金があるなら、絶対に負けない!という方法なのです。

50回連続して負けても、51回に勝てば、 最初の賭けたお金に対してプラスが発生します。

ただし、この方法は、ベット上限が低い場合には必ず有効的な方法ではありません。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ

オンラインカジノルーレットの遊び方

オンラインカジノルーレットの遊び方をお話しします。

ゲームの流れは、ディーラーがルーレット盤を回して、玉を投げ入れます。

ディーラーからベット終了と宣言されるまでに、プレイヤーはテーブルの上の好きな場所にチップを配置します。

ルーレットの方法と言えば、大方これだけです。

ただし、ルーレットには、テーブルごとにミニマムベット。

賭け金の最低額があるので、そこに注意も必要です。

テーブルの数字の部分をインサイドベット、テーブルの数字の部分以外を、アウトサイドベットと言います。

ルーレットには、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプの二種類があるのをご存じでしょうか。

アメリカンタイプの場合、「0」「00」「1~36」の38なのに対して、 ヨーロピアンタイプの場合は、「0」「1~36」3です。

ここで、私達は、しっかり、ヨーロピアンタイプに対してメリットを追求して行くべきです。

アメリカンタイプは0と00の両方がある台のことを言います。

ペイアウト率のことを考えるとこれだけで随分変わって来てしまうものです。

アメリカン・ルーレットで赤に賭けた場合、18÷38、47.37%です。

ヨーロピアンならば、0だけなので、18÷37、48.65%です。

ここにわずかな差しか見えないと言うのかもしれませんが、かけ続けていくとここに大きな差が生まれることが判ります。

オンラインカジノの公平性

オンラインカジノの公平性は維持しているのか・・・ 時々、みなさんは勝つ事が出来ない時、オンラインカジノに公平性が存在しているの?

と思うこともあるかもしれないですよね。

実際に、ラスベガスでギャンブルをしていてもそう思うこともある訳ですから、いざとなれば、目に見えない相手に対して信用出来なくなってしまうこともあり得ることです。

確かに、残念ながらすべてのオンラインカジノが公平性を維持しているとは言えないようです。

オンラインカジノを選択することによってしっかり公平性も維持出来ます。

イカサマなど絶対にしていないオンラインカジノもたくさんあります。

信用出来るオンラインカジノなら、RNG(Random Number Generation乱数生成器)

という装置を使用しているため、運営会社側が自由に操作ができないようになっています。

オンラインカジノがライセンスを各国から発行されていることも信頼の証しです。

オンラインカジノ会社だけでなく、ソフトウエア会社に対しても厳しくチェックを行っています。

eCOGRA (e-Commerce and Online Gaming Regulation and Assurance )、TST (Technical Systems Testing)という第三者機関が、正しいペイアウト率を公開しているか厳しい頻繁にチェックを行っています。

オンラインカジノの違法性

オンラインカジノ の違法性についてお話しします。

カジノは日本で禁止されていることはしっかり意識しなければならない問題です。

実際に、日本がカジノを合法化しようとしている動きはあるものの、まだ法律で決定している訳ではありません。

今、日本でギャンブルとして認められているものは、競馬、競輪、競艇、オートレースと言ったものです。

それ以外を賭博といい、何で賭博が悪いのかと言えば、正直に言えばただ法律でそう決められているからとしかいいようがないですね。

しかし、現状日本においてカジノはNOなので、それに従わなければならないと言うことです。

オンラインカジノはちょっと特殊なケースになります。

賭博罪が成立するケースは、運営している者としている者が、日本に居る必要があると言うことです。

私達が、ラスベガスへ行ってカジノをやっても、カジノをやっているのに裁かれることは一切ありません。

私達は、オンラインカジノで異国の地に踏み出して行ったようなものです。

オンラインカジノの運営会社は海外にあるから、ラスベガスで私達がギャンブルをやっているのと全く同じ形なのです。

とはいえ、私達は一歩たりとも日本の地を飛びだした訳ではありません。

グレーゾーンと言われてしまう理由はここにあります。


詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ詳しい詳細やお申込みはコチラ